二日酔いになってしまったときの対処

[ 二日酔い対処 ]

二日酔い頭痛

二日酔い対策をしていても二日酔いになってしまうこともあります。
朝起きて、二日酔いによる激しい頭痛や吐き気を早く直したい時に何をすればよいかを覚えておきたいものです。
二日酔いの症状により対処方法は異なります。
症状にあわせた対処を行うことで早く二日酔いを和らげることができます。


二日酔いの症状:頭痛
二日酔いの頭痛の原因はアデノシンだと言われています。

二日酔いは原因を知って治す(hangover.hajime123.net)

アルコールには血管を拡張する働きがあります。
この働きによりストレスなどで収縮した血管を拡張し、気分を高揚させてくれるのもお酒を飲む楽しみです。
しかし、アルコール以外にアデノシン(日本酒に多く含まれる)やアセトアルデヒド、酢酸にも血管拡張作用があり、 これが長く続くと血管が炎症を起こし二日酔いの症状であるズキズキとした頭痛の原因となります

血管の収縮作用があるカフェインやセロトニンをとることで頭痛を緩和することができるようです。
カフェインを多く含むコーヒーやセロトニンを含む牛乳のほか、サプリメントでもセロトニンは取ることができます。


二日酔いの症状:吐き気
二日酔いの症状である吐き気は胃酸過多が原因であることが多いです。

つらい吐き気!原因別!早く効果的な治し方!(トレンド速報ニュース)

アルコールは利尿作用だけでなく胃酸の分泌もうながします。
その結果、胃酸過多が起こリ吐き気をもよおしてしまうのです。
吐き気以外にも下痢の症状が出るのが胃酸過多による吐き気の特徴です。

胃酸過多を解消するには生姜が効果的と言われています。

胃酸過多以外にも吐き気の原因としてあげられるのが低血糖症による吐き気があります。
肝臓が弱い人に起こりやすいのですが胃酸過多と違う症状としてめまいがあります。低血糖になりめまいが症状として現れるため、めまいを感じた場合は低血糖の可能性もあります。
その場合、はちみつなど吸収しやすい糖分が入った飲み物などを接種すると良いと言われています。

このように二日酔いの症状によって対処方法は異なるため症状に合わせた対処を行うことが重要です。


 

こちらの記事もどうぞ